不用品回収の資格

>

不用品回収の資格取得

ゴミを回収する不用品業者の資格

まず一般人がなぜ不用品の回収を認められないのか、それにはきちんとした理由があります。
これらは一般人からお金いただいて回収することになっているため、きちんとした知識を持って回収しないと後にトラブルでの責任が問われることになります。
このようなことを避けるためにもきちんとした知識を持っていることを表明するために資格が必要なのです。
さらに不用品回収するなかでもその品の中に特別な品がある場合、ゴミを回収するだけでの資格を持っているだけでは適応されないこともあり、色々と複雑なルールが成り立っているため気をつけなければなりません。
企業やオフィスから出てくるようなゴミも一般人が考えられるような不用品との取り扱いと同義にもならないため気をつけてください。

資格の種類

ここ日本には様々な資格がありますのでそれを紹介します。
古物販売許可といい美術品や時計・宝飾品、金券などを対象にするものなのですが、これはゴミの回収業者に対してルールがあり、その古物品に対して売り買いしてはいけないというものがあります。
例えば、美術品を不用品として回収してほしいとの一般人からお願いされた時、業者は回収して不用品としてもらった品をネットやオークションに売り出すということは禁じられています。
ただし業者がお金を払って手に入れるという話であれば問題はありません。
産業物収集運搬許可といい家庭から出ている不用品を回収するために必要な資格なのですが、それを持っていない業者がたくさん出ているのでそれを持っているどうかを確認する必要はあります。


この記事をシェアする
▲ PageTop