不用品回収の資格

>

不用品の定義

なぜ業者がやらなければならない

近年、自分の周りに住んでいる近隣の住民たちが物を捨てられなくて、ゴミ屋敷になっている人をテレビで見かけたことはありませんか。
大きなニュースになる程のゴミ屋敷になっている人をちらほら見かける人もたくさんいるかもしれません。
その屋敷から漏れ出てくる悪臭について迷惑を被っている人もたくさんいるかもしれませんが、彼らはそのゴミなどを勝手に捨てることはできません。
なぜならそのゴミでも彼の所有物なのですから。
しかしその持ち主がゴミを捨てると決めたら、業者の出番であり、業者でない人は手出しすることはできません。
なぜ業者だけがやらなければならないのか、それはその道のプロだけにしか知らない回収のルールがあるのです。

ただ闇雲に回収するだけではない

まず不用品といってもいろんな種類がたくさんあります。
その中でも燃えるゴミや燃えないゴミなどが揃っているのですがさらに細分化されているようなゴミのルールがたくさんあるのです。
これを知っているのか怪しいと思うような住民たちは下手をしたら罪に問われることがあり罰金を支払わなければならないケースになってしまうこともあります。
そうならないように、その道のプロの業者に任せておいたほうが何かと安全だということなのです。
不用品回収業者たちは何度も何度もこの場に出ているため場慣れしており、かなりの経験を積んでいるため短い時間でゴミの分別ができるような見極め方を持っているのです。
こうした実力があるため私たち一般人が、彼らにゴミの回収業者をお願いしているのです。


この記事をシェアする
▲ PageTop